全部燃やしてしまえば

チラシの裏系ブログ

ケノン買ったのでレビューしてみた

※個人の感想です。あまり信用しすぎないように。ステマではないよ。

 

この間、ついにケノンを購入した。

それまでのいきさつは以前の記事を参照されたい。

 

bittersweetsymphony.hatenablog.jp

 

公式サイトと楽天のどちらで買うかで迷ったが、付属品も変わらないし、楽天の方がポイントつくしでそこで買った。また、楽天カードに入会すればすぐに使えるポイントが5000Pもらえるので、ついでに申し込んだ。実質5000円値引きで商品が買えるということでかなり助かった。つまりまんまと楽天の策にハマってしまったわけである。

 

~実際に使ってみた~

 

脱毛する部位は太もも、ひざ、すね毛の足全体である。

 

ケノンに限らず、サロン等で脱毛する際にも、事前に脱毛部位の毛を剃ることが必要だ。光脱毛の光は黒色に反応するため、毛が長いままだと十分な効果が得られないためである。

僕の太ももチンパンジー状態だったので、カミソリで処理するのは一苦労だった。そこで髭剃りの裏についているカット用?のバリカンで、一度短くしてから剃ることにした。剛毛の方にはおすすめである。毛を剃るのは楽しく、自分の肌はこんなに白かったのかと感動した。一通り処理を終え、鏡で見てみると僕は意外と美脚だということに気づいた。その上、肌の質感もすべすべ、もちもちである。

僕は根っからの太ももフェチであり、JKのムチムチした太ももは大好物だ。しかし自分の毛の生えていない白い足を見て、実はあの肉はそれほど貴重ではないと気づいてしまった。男でも毛を処理すれば、案外エロい太ももを手に入れることができるのだ。とはいえJKの脚に価値がなくなったわけでは全くない。スカートとソックスに挟まれた艶めかしい脚には今でも魅了される。ちなみに僕は太ももの裏側が特に好きだ。階段を上っている時、上を行くJKのパンツが見えそうな、太ももから尻にかけてのラインがたまらない。

決して覗いているわけではない。

 

 

ケノンの使い方は

①脱毛したいところを保冷剤で冷やす

②ケノンで照射する

③再び保冷材で冷やす

の繰り返しである。冷やす理由は肌トラブルを避け、痛みを軽減するため。

 

使ってみて第一印象

 

めんどくせえ

 

一回で照射できる面積が非常に小さいので、足全体のように広い範囲を脱毛するなら、何回も照射する必要がある。プレミアムカートリッジという最近発売されたものを使用しているのだが、100円で買えるチューイングガムの2/3ぐらいの面積しかない。一応ケノンは脱毛器の中でも照射面積が大きい方らしいが。

また、照射した部位が被らないようにしなければならないので、体にペンで印をつけながら脱毛していく必要がある。この時点で心が折れそうだったが、なんとか数時間かけて太ももの表側(自分で見える側)を処理した。続いて裏側に移ろうと思ったが、どうやっても正確に照射できない。やってみるとわかるのだが、太ももの裏や尻などは体をひねらないと照射できず、印をつけるのも非常に難しい。めんどくさい、イライラする。ここで遂に僕の心はポッキリ折れ、以降の脱毛は諦めた。

 

どこかのステマブログで全身脱毛15分で終わりました!とか書かれていたが、コイツは絶対まともに使用していない。十分に冷やしていないか、そもそも保冷材を使っていない可能性もある。テキトーに照射してムラのある部位など気にしていないのかも。慣れれば要領よくできるかもしれないが、それでも相当の時間がかかるだろう。

 

 それともここまで正確に照射するものでもないのか?見えないところは誤差など気にせずパシャパシャ照射するべき? 次からはテキトーにやってみようか。

 

 ただ見える範囲での脱毛には問題ないので、胸毛やギャランドゥの処理は楽だ。

 

 

痛みについて

レベル10(最高)で使用してもそれほど痛みは気にならない。冷却をしっかりすればより痛みを軽減できる。ただ股間付近など部位によっては少し痛い。

 

脱毛効果について

照射から一週間ほどすると、短い縮れた毛が生えてきた。引っ張ると痛みもなくするっと抜けた。これらはほっておいても自然に抜けるようである。確かに続けていけば、毛が薄くなるような気はする。

 

以上、僕の様にめんどくさがり、ずぼらな人にはあまりおすすめしない。安い買い物でもないしね。ただ効果は確からしいので、指の毛や胸毛等をサロンで脱毛するよりはケノンを買う方がいい。見える範囲はケノンを使って、背中やケツ毛など自分では難しいところは誰かに頼むか、クリニックで脱毛するといいのかも。今後も効果等あげていこうかな。

自分VS99万9999人

今日のニュースでこんな記事があった。

 

www.nikkei.com

 

2016年に生まれた子供が100万人を下回ったようである。つまり、少子化がより深刻な課題になってきたということであるが、正直なところ、この問題は解決される気がしない。経済が発展していくにつれ少子化が進むのは先進国の宿命のようである。

 

フランスのように出生率を上げ、少子化の解消に成功した国もある。確か、結婚に対する考え方を国レベルで変えたとかなんとか。以前のフランスにおいてはでき婚はあまり歓迎されなかったが、税制の優遇や社会保障を充実させることで結婚する前でも子供が生みやすくなった。そのため、でき婚や婚外子が一般的なものとして受け入れられ、結果として子供の数が増えたと。うろ覚えなので間違ってるかも。

 

女性の社会進出をこれまで以上に進めていけば、さらに深刻化することは簡単に予想できる。が、今さら女性は家庭に専念しろとは言えない。日本はどうやって解決するのだろうか。

 

 

でき婚はこの10年20年でかなり増えたように思う。芸能人の結婚&妊娠が度々報道されているのもそれに拍車をかけているのか。こうした報道がされる度、毎回思うのだが芸能人ってゴムつけないの?毎回生でやって中出しするの?確かに生で中出しするのは最高に気持ちいいので気持ちはわからんでもないけど、どうなるかくらい予想できるだろ。できたら結婚するかぐらいの気持ちなのかな。それぐらいの考えの方が少子化は解決できそうだ。

 

僕の学生時代の知り合いにも子供がいる。もちろんでき婚。もちろん即離婚。現在シングルマザーとして働きながら育てているようである。

子供ができて結婚するのはいいが、離婚するなら子供には大きなマイナスだ。離婚した場合、母親が親権を持ち育てるのが一般的だが、シングルマザーの年収は決して高くない。当然子供に投資してやれる金は少なくなり、大学に行かせてやれない。将来の子供の年収にも影響が出るだろう。

 

 

 

少子化の話が長くなったが今日のメインはそこじゃない。

 

出生数が100万人ということは自分と同じ年齢の人間が100万人いるということ。

それは99万9999人のライバル、敵がいるということである。

大学を卒業し、就職活動をするのが基本的なルートだとするなら、僕たちは22歳まで100万人の中で争いあうことになる。

まず大学受験だ。東京大学に合格できる学力がある者は100万人のうち、上位何人だろうか。平成28年東京大学に入学した者は約3000人。大学に進学しない優秀な者、東大以外の大学に行く優秀な学生を考えると、上位1万人もいれば多いほうか。1%の優秀な人間だけが東大に進学できる頭脳がある。

就職活動でも同じように100万人で争いあう。大企業に就職するのは難関大学の学生でも簡単なことではない。大手に入れるのは一部だけだ。

スポーツ選手になるのはさらに狭き門だろう。プロ野球のルーキーは100人もいない。つまり100万人の内、上から100番以内に野球が上手でないとプロの選手にはなれない。

 

 

こう考えると東大に行くのはそれほど困難ではないように思える。もちろん勉強することは必須だが、上位1万人となると不可能ではないような気がしてくる。浪人という方法もあるので何度でも挑戦できる。

逆にプロ野球選手になるというのは現実的ではない。0.01%の才能と血のにじむような努力がなければ、野球で飯は食えない。有名な選手はその中でも本当に一握りなのだろう。

 

少子化が進めば、優秀な人間が減る。かわいい女の子も減る。(同時にアホも減ってブスも減るのだが)AV女優も減り、流出するハメ撮りも減るだろう。それは困るので、政治家と官僚の皆さんには、早急に有効な解決策を提案していただきたい。

 

 

 

 

 

もし吉岡里帆ができ婚したなら非常に悲しい...でも中出しされたのかと思うと物凄くシコれる気がする。

頭悪そうな人間が見ていそうなサイト

タイトルからすでに頭悪そうですが悪しからず。

 

※この記事は独断と偏見によるもので、もちろん悪意しかありません。

 

 

①NAVERまとめ

記事はすべて引用ばかりで、面白さは皆無。2chまとめをまとめたものなど、もはやわけわからん。あまり深く考えず、情報を手に入れたい人が好みそう。いかにも情弱向けといったところか。

 

Yahoo!知恵袋

一部ではアホー知恵遅れと揶揄される。何かわからないことがあっても、ググれば既にいくらでも答えがあるので、知恵袋できく前にまず調べてみよう。とは考えないアホが多いので同じような質問が日々投稿されていく。有益な情報も多いが、学歴についての質問は荒れがち。

 

Yahoo!ニュースのコメント欄

基本的にはニュースの内容よりも、気の利いたコメントをいかに残すかが重要。ウィットに富んだコメントを思い付き、ドヤ顔で書き込む投稿者が想像される。高評価されることが何よりの喜びで、承認欲求の塊のような人種が多い。

 

爆サイ、ホスラブ等の地域掲示板

その地域限定だが、実名晒しや中傷など、かなり闇が深い投稿が多い。それ以外では風俗についての掲示板が乱立。お気に入りの風俗嬢を取り合い、よくレスバトルが勃発している。書き込んでいる年齢層は不明。

 

⑤有名人の情報や「~する方法ベスト5」などをまとめたサイト

「最近よく耳にする○○ってありますよね。そこで△△について調べてみました!」みたいな文体で書かれている。アムウェイ勧誘の口調みたいで気持ち悪い(勧誘されたことはない)。最後まで読んでも結局大した情報は得られない。ここに挙げられている中でも特に頭悪そうなサイト。

 

⑥2chまとめブログ

高校生~大学生がボリューム層か。おそらく「www」や「草」などがここまで普及することになった根源。「ワロタ」をリアルで使うやつが増えたのも原因はこれ。確かに面白くレスが抽出されているが、所詮はパクリ。

 

⑦2ch

言わずと知れた巨大掲示板。罵詈雑言、誹謗中傷の嵐。面白いスレやためになる情報も多いが、ここに入り浸るようになれば終わり。

 

⑧政治的に極端なサイト

「海外の反応」とか「韓国人の反応」などやたらと海外からの評価を気にしがち。右翼、左翼どちらも極端で、情報の信頼性も低い。互いに歩み寄る気は毛頭ないようで、常に殺伐としている。食うか食われるかの世界である。これらに常駐する人間とは距離を置くべきだろう。

 

App Storeのレビュー

見るに堪えない低評価の数々。「アップデートしたらデータ消えました ★☆☆☆☆」などのレビューが9割を占める。そのため、無料ゲームアプリの評価は軒並み低い。小中学生がスマホを持つ危険性を認識させられる。本当にひどい。

 

Youtube

いつの間にかキッズコンテンツと化した動画共有サイト。投稿される動画には質の高いものも多いが、特筆すべきはコメント欄の民度。中でも恋愛ソングのコメント欄には、聞いてもいないのに過去の恋愛体験を語りだすアホが必ずいる。ひどいものでは自作のポエムを披露することも。見ているこちらが恥ずかしいので、すぐに削除すべき。もちろんこの世界に著作権など存在しない。

 

 

 

他にもありそうなので随時更新する予定。

総じて女性向けのキュレーションサイトは特にひどい傾向にある。(ごめんなさい)

 

また、これらを僕が見ていないとは言ってない...

人がある人物について思い出す時、彼の印象はどう決まるか

 

中学生の頃、担任が嫌いだった。

 

 

アラサー男性教師、若ハゲ、教科は数学。

 

若ハゲ数学は熱い男だった。だらだらしている生徒を見かけると全校集会の最中にも怒鳴り散らしていた。クラス対抗リレーや合唱祭のようなイベントがあれば、強制的に居残り練習をさせ、遅くまで大声でキレながら指導する。また、曲がったことが大嫌いという、原田泰造のような決め台詞をよく吐いていた。

 

そんな「ウザい」若ハゲ数学に僕はとことん嫌われていた。理由はいまでもわからないが、実は兄の影響というか兄に原因があるのかもしれない。というのも兄の担任もその若ハゲ数学だったことがあり、兄は当時なにかやらかして若ハゲ数学と揉めたらしいのだ。その時の恨みが僕に向けられているのではと推測しているが真相は不明だ。

とにかく、僕が目を付けられていたのは間違いない。これは被害妄想ではないことは確認済みだ。同じ悪さをして僕だけがきつく叱られ、友達に「お前にだけ厳しいよな」と笑われたことがある。

確かに、当時の僕は生意気なクソガキだったなと、今思い返すと反省する点は多い。それを踏まえても、何故自分だけが叱られるのかと当時はとても不愉快だった。

 

 

 

そんな若ハゲ数学とも関わりがあったのはその1年だけで、それ以後は特に直接会うこともなく、僕は高校に進学した。(中高一貫校だったため、同じ敷地内)

 

 

 

突然だが、挨拶を返さない教師を皆さんはどう思うだろうか。

僕の高校には「こんにちはー!」とキラキラ男子高校生の僕がわざわざ挨拶してやっても、こちらを見ようともせず、完全にガン無視して通り過ぎるクソが2匹いた。

一日に何人もの生徒から何回も挨拶されるだろうから、一回一回に返すのは確かにしんどいしメンドクサイだろう。

それを理解してはいるのだが、無視される側はいい気分ではない。僕だって挨拶したくてしてるわけではない。礼儀としてやっているだけで、それを教師が無視するのはマナー違反ではないのか。僕は腹が立って、そのうちクソには挨拶しなくなっていった。

(もちろん大多数の先生方は笑顔で返してくれた)

 

 

高校に上がって数ヶ月が過ぎた頃、若ハゲ数学とばったり出会った。

前述の通り、僕は若ハゲ数学をよく思っていなかったのだが、しかし無視をするわけにもいかず(目があってしまったため)、

「こんにちは」

と控えめに挨拶した。

若ハゲ数学は驚いた様子で

「ブ、ブリットか!こんにちは!元気か」

と爽やかに返してくれた。

僕には若ハゲ数学の怒った顔しか印象に残っていなかったので、こんな風に笑顔で挨拶を返してくれるのは予想外だった。

 

それ以来僕が卒業するまで、会う度に若ハゲは実に気持ちの良い挨拶をしてくれた。

 

 

さてタイトルにある通り、今現在僕が若ハゲに抱く印象について。「非常に良い」だ。

あれ程嫌いだったのに、挨拶ひとつで人の印象はだいぶ違うなと思った。過去の出来事よりも、最後に会った時の印象というのは強烈なようだ。

思い返してみれば、若ハゲは悪い教師ではなかった。僕にだけ厳しかったのは事実だし、色々とメンドクサイ奴だったが、本当に性格の悪い人間なら合唱練習のような、給料の発生しない時間をわざわざ割くはずがない。僕なら絶対にしない。若ハゲは無給でクラスのために頑張ってくれていたのだ。また若ハゲは男子だけではなく女子に対してもきちんと怒ることができる教師だったし、クラスでレクをやりたいと生徒から申し出があれば、すすんで休日にも協力してくれた。

 

実はクソ2匹の授業はどちらも面白かったので、挨拶を無視されること以外は良い先生だなと思っていた。しかし現在からみた印象は言うまでもない。

 

 

挨拶されたら笑顔で返そう。そう心に留めた。

当たり前だけど大事なことだ。

 

 

 

ただ、もう一度中学生として若ハゲのクラスになりたいかと聞かれると

 

答えは「No」だ。

すべては情弱向け

この社会には情報媒体というものが数多くある。

 

雑誌、新書、テレビ、新聞、チラシのような現実世界にあるものから

HP、ネット広告、メール、ブログのようにインターネットの世界に存在するものまで

 

これらは当然何かの情報を伝えるために書かれている。

 

政治家の汚職事件、芸能人のどうでもいいスキャンダル、悲惨な大災害についての記事

あるときは火曜日は卵1パック100円、新生活に役立つグッズ、ネット収入を得るためのハウツーを教えてくれることもある 

 

情報とは、情報を持つ者が持たざる者へ与えるものである。

完全な上下関係。情強と情弱の違いはここにある。

 

 

全ての情報媒体は情弱に向けての上から目線の記事であるといえる。

当然、情報は与える側が恣意的に改変することも可能だ。

全く嘘の情報、多少の変更を施した情報、正しいそのままの情報が玉石混交している。

 

こういった情報を情弱側が閲覧する際は、ひろゆきが言っていたように、嘘を嘘であると見抜ける注意が必要だ。

 

だが、それは無理だろうと思う。

 

情弱がこれはデマだと判断するのは何か根拠となる「証拠」を見つけた時であろう。

だがその証拠も結局は情強によって作り出されたものにすぎない。

 

商品紹介を伴うハウツー記事ははてなブログにもあふれている。

それらは確かに面白いし、ためになることも多い。

 

それがアフィリエイト報酬を得るために書かれた記事であることがわかっていたとしても、その真偽を確かめるのは大変難しい。

 

僕を含め、情弱は情強の作り出す記事に惑わされながら、自分の懐を痛めて実地検証していくほかないのかもしれない。

 

 

以上、巷で有名な、高額の脱毛機器を買う際に思ったこと。

 

またこの考えでいけば、このブログは情弱と自負する僕から、更なる情弱に向けた記事ということになる。

ケツ毛 玉毛 竿毛  脱毛業界とアフィリエイト

そいつは突然現れた。

 

初めは全く気づかなかった。だがやつは僕らの知らないところで着実にその力を蓄え、機会をうかがっていたのだ。やつの気配を感じた時、運命はすでに決まっていた。もはや僕らは掌の中。どうすることもできず、途方に暮れたまま死を待つだけの存在だ。

 

これは神が与えた試練なのだろうか。禁断の木の実をかじった罪、その重さに今にも押しつぶされそうだ。

 

やつを憎んだ。殺してやりたいと思った。あるときはその強大な力にひれ伏し、許してくれと懇願さえした。しかしやつは常に僕らともにあり、この呪いから逃げることはできない。

 

 

やつの名は

 

ケツ毛(あと玉毛と竿毛)

 

 

というわけで、人類が背負ってしまった原罪、陰部の毛について語っていく。

僕がケツ毛に気づいたのは中学3年生の時だ。その日いつものように夕食をすませ自室にこもった。日課のオナニーを一通り楽しんだ後、ふと気になってアナルに触れてみた。

 

「もさ...」

 

(...?)

 

「もさ...もさもさ...」

 

(?!!!!)

 

これが僕らの初めての出会いである。それ以来、僕らはいつも一緒だった。学校で授業を受けていた時、友人との帰り道、愛犬が亡くなった日、童貞を捨てた夜。常に僕に寄り添い、何も言わずに傍にいてくれた。

 

そんなケツ毛を最近疎ましく思うようになった。考えてみれば、コイツは僕にとってなにひとつメリットがない。汗をかいてムレるし、うんこが付着するし、なにより見た目が汚い。不衛生極まりないのだ。うんこが着くことでそこから肌荒れ、ましてや病気を引き起こす可能性もある。「体を保護するため」というのが体毛の存在意義であるならばまさに「藪をつついて蛇を出す」である。コイツの兄弟分ともいうべき玉毛と竿毛は衛生的な問題は少ないが、フェラの時邪魔になるし、やはり格好が悪い。

問題点は他にもある。これは陰毛全体に言えることだが何故天パ。縮れる理由は?そして何故太い。何故量が多い。生えている場所の皮膚感覚も問題だ。陰部は体の中でも感覚が特に鋭い。それ故毛抜きで抜くことは涙を流すほどの痛みであるし、チクチクして耐え難いのでカミソリによる処理も非常に困難だ(失敗すれば地獄を見ることになる)。ただこの敏感さはアナル舐めや玉舐め時に真価を発揮するので、安易に評価できず、諸刃の剣、陰部のジレンマといえる。

 

長い間頭を悩ませていたが、この苦しみから逃れる道がひとつだけあるようだ。陰部の脱毛である。そこで色々調べてみた。脱毛サロンとクリニックの違い、永久脱毛とは何かなどは適当にググってほしい。

結果、湘〇美容外科で脱毛することがコスパ的に最高らしいということがわかった。VIO脱毛で6万円ほど。それでも高いが。

ただ残念なことに地理的な問題で湘〇美容外科は断然せざるを得なかった。

 

調べていくなかで家庭用脱毛器という選択肢もあった。価格は様々で3万~10万円ほど。全身に使えるようで、結果としてこちらがお得ということになるらしい。すね毛やギャランドゥも気になる僕は家庭用脱毛器の購入を決めた。その中で現在「ケ〇ン」という製品を検討中である。7万円ぐらいで買うことができ、評判も良いようだ。来週ポチってみようと思う。

 

 

ここからは余談だが脱毛業界はアフィリエイトステマが非常に多いように感じた。脱毛サロンや脱毛機器を紹介しているページはゴマンとあるが、そのほとんどに

「購入はコチラから!」「○○サロンへの申し込みはここをクリック」

というバナーが貼られている。当然商品やサロンをdisるような紹介はほとんどない。アフィリエイト報酬が他より高額という情報もあった。これらを閲覧する際は自分なりの判断力をもって注意する必要があろう。普通に考えれば、自分に全く利益がないにも関わらず、わざわざHPまで作成して大手クリニックの紹介や商品をレビューし、売り上げに貢献したいと思う人間がいるだろうか。

 

先ほど「ケ〇ン」という脱毛機器に触れたが、これの公式HPや楽天のサイトは非常に見難い。「一番売れている脱毛器です!」みたいな情報がいたるところに貼られている。まるでドン・キホーテのようだと2chで書かれていたが、本当に怪しい情報商材でも売っていそうなページである。色々な特徴?がドカドカと書かれていたが、その中で「安心の日本製造」という文字もあった。日本で作られていたらなにが安心なのか。確かに中国製と書かれているより信用できるかもしれないが、日本の会社だからといって100%安全なわけがない。脱毛とは関係ないけど、てるみくらぶだって日本の企業だったのだから。

 

不安要素はあるが、これだけ売れるからにはそれなりの効果はあると期待したい。全く効果がないものならば、すぐに悪評が広まってここまで大きくはならないだろう。

 

届いたらレビューしてみようかな。

 

 

 

買いました↓

 

bittersweetsymphony.hatenablog.jp

 

一流企業に入りたいなら、難関大学を目指すべき?

 

就職活動をしていると社会に対して次々と不満が出てくる。

 

「学生時代頑張ったことは?」

「あなたの強みは何ですか?」

「弊社を志望した理由は?」

 

就活を経験した人なら必ずこのような質問を聞かれただろう。

こんなことを聞いたところで何になるのか。

それが会社に入って役に立つのか。

大体皆ウソばっかりじゃないか。

多くの人が社会の理不尽さというものを憎む時ではないだろうか。

 

学生は何に力を入れたのか。

「TOEIC900点」だとか「natureに論文が掲載された」という経歴を誰しもが持つわけではない。したがって普通の大学生が頑張ったことはアルバイト、サークル、ゼミの大体3つになる。当然「居酒屋で働いてました!」だけでは落ちる。故に話を盛る。

「売り上げを120%伸ばしました!」

「私の提案した○○という方法が採用されました!」

キラキラした笑顔で平気で嘘をつくようになる。

 

ただ企業の側は、このような異常な経験というよりむしろ、その時どう行動したか、なぜそうしたか、それを伝えることを求めているようだ。

これを考えるのが自己分析と呼ばれるものだ。

 

 

志望理由は大変難しい。

なぜならほとんどの学生は年収と地位、激務かどうかに大きな関心があり、事業内容や理念などは二の次、三の次だからだ。必死になって仕事のやりがいだとか人間的に成長したいだとか、うすら寒い文句を並べてもむなしいだけ。中には説明会に来ていた社員の感じが良かったからなんていう失笑ものの理由もある。しかし、実はこれ金融業界、特にメガバンクの社員の多くが口にしている志望理由である。もちろん理由はこれだけではないだろうが、大真面目にこんなことを言ってしまう程、会社の志望理由というのはガバガバなのだ。中学生、高校生の時の自分が見たらなんと言うだろうか。まさか自分が就職する会社をこんな風に決めているとは思わないだろう。

 

一流企業に入社したい中高生にアドバイスするとしたら、難関大学に入ることをお勧めする。やっぱり学歴がものをいうことは、就活の際に痛いほど実感するだろう。具体例を挙げると、リクルーター面談というものがある。企業が優秀な学生に対して非公式に面談を行うというものである。面談の場所はホテルのレストランなど、あまり堅苦しい印象ではない。しかしこれは事実上の面接であり、志望理由などもガッツリ聞かれる。これを通過すれば内定をもらえる。当然応募者全員に面談を行う余裕はないので、高学歴だけに限定される。Fランはこのリク面という制度自体利用できないイコール不採用なのだ。他にも有名企業の面接で居合わせた学生は皆有名大であるということも珍しくない。このように学歴差別は多く存在する。大学の就職実績を見ればわかることだが、聞いたこともない大学の学生はやはり聞いたことがない会社に就職するものだ。

ただ、注意してほしいのは高学歴全員が有名企業に内定できるわけではない。難関大学と言われる大学でも、大手に就職できるのは実は一部である。また逆も然りで、低学歴でも逆転のチャンスは十分ある。(高学歴に比べ、圧倒的に不利であることは否めないが)

 

では無事大学に入ったらどうするか。

やはり何かひとつでいいからこれは頑張ったといえる経験をつくることである。部活でもいいし、バイトでもいいし、留学でもいい。

 

↑というようなアドバイスをされても、いまいちよくわからないですよね。僕も就活中ですがわかりません。ただ、就活とは人生において、大学受験よりもはるかに重要な節目であることは伝えたいです。僕のおすすめは体育会系の部活に入ることですかね。体育会系は就活で企業からモテます。

 

以上は文系の就職の話。理系は別かもしれません。

 

 

※リクルーター制をとるかどうかは企業により様々で、金融業界や有名メーカー、インフラ業界にはリク面を行う企業が多い傾向にある。